Solar Mobiwayを使用した完全独立電源システム

昼間は道路面で発電をしてG-CROSSに蓄電する

夜間は蓄電した電力を様々な物に使用可能

Solar Mobiwayの特徴

安定発電

日陰・悪天候でも発電可能

高耐久

車両が乗っても破損しない

特殊加工

雨が降っても滑らない

太陽光発電の実状

現在の太陽光発電は「CO2を吸収する森林」を伐採して、「CO2を削減する太陽電池」を普及させようとしています。いくらCO2を削減しても吸収する森林がなくては本来の環境改善にはつながりません。

しかも、日本国内の必要電力の内5~6%しか補えていません。これは本来あるべき再生可能エネルギーの姿ではありません。

Solar Mobiwayの役割

Solar Mobiwayは既に開拓が済んでいる道路に敷設します。

日本国内の道路の面積は約5,367㎢

その半分にSolar Mobiwayを設置できれば1年間に約1,695億kWの電力が発電できます。これは日本全体で必要とする電力量の約16.5%。私有地や屋上などを含めればより多くの電力を発電できます。100年後の未来のためにSolar Mobiwayは森林を伐採することなく再生可能エネルギーの普及に貢献します。

Solar Mobiwayの効果

屋上緑化×Solar Mobiway

屋上スペースを有効活用し、緑化をしながら空いたスペースを使ってSolar Mobiwayを設置

駐車場×Solar Mobiway

駐車場を有効活用し、車がない場所で発電し、独立電源システムで停電時でも料金決済機を稼働

 

SDGsに貢献

「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」への寄与を目指す

Solar Mobiway 製品仕様

種類 アモルファスソーラー
サイズ W940×D940×t8㎜
重量 約8Kg
最大出力 44.5W
最大出力動作電圧 38.7V
最大出力動作電流 1.152A